はたけの推しウマ

2,3歳戦を中心に推せる馬を探して応援、馬券の予想をしています。

【NHKマイル】推しウマ

2021.5.9NHKマイル推しウマ

【出走メンバーとはたけコメント】

1.レイモンドバローズ 松山以外でも走ることが分かる+ピクシーナイトのライバル+ローテーションもいい

2.アナザーリリック スライリー基準だととても強い+前走3着以下をねじ伏せる+比較がジネストラならば桜花賞の内容が良くない。

3.ルーズネクスト グレナディアガーズを倒している+マイル成績良い+未勝利負けは重馬場が原因

4.バスラットレオン 成長著しい+前走圧勝+マイルで掲示板外さず+今が一番いい

5.リッケンバッカー 前走2着は重馬場で荒れたことが要因

6.シティーレインボー バスラットレオンには勝てない

7.タイムトゥヘヴン 気合のデムーロ+バスラットレオンには勝てない

8.グレナディアガーズ 友人のPOG+好メンバーの朝日杯勝ちが大きい+アドマイヤマーズのようなパターン

9.ゴールドチャリス このメンバーではそもそも厳しい

10.ソングライン 紅梅Sのレベルが低い+桜花賞の走りが強くない

11.ヴィエルネビュラ 友人のPOG+距離はマイルまで+71倍の戸崎

12.ランドオブリバティ 三浦のG1をもたらすかと期待したが逸走+その後もパッとしない

13.ホウオウアマゾン ケガからの復帰強し+名馬を出す野路菊S+叩き良化

14.ショックアクション 新潟2歳に活躍ウマがいない

15.シュネルマイスター マイルのレースタイムが遅い+タイトルホルダーとは実力差あり+手塚とルメールのコンビは強い

16.ロードマックス 重賞成績良くない+福永で9着ならそれ以上は難しい

17.グレイイングリーン アーリントン負けすぎ

18.ピクシーナイト 僕のPOG馬+前走は重馬場嫌う+シンザン記念のレースがここでできれば強い

NHKマイル】

僕が初めて万馬券を取った障害以外のレースがこのNHKマイル。2016年のレースでメジャーエンブレムロードクエスト、そして大好きはレインボーラインが穴をあけたレースです。その後もアエロリットやアドマイヤマーズなどの名馬を輩出しています。3歳の中でも牝馬にチャンスがあるレースの印象は強いです。今年はどれが穴をあけるのか!

【はたけの推しウマ】

◎グレナディアガーズ

前走はジョッキー曰くパドックからテンションが上がりすぎていたとの事。しかしそれでも2着に来る実力があるので、コンディション調整ができていれば巻き返しが可能。朝日杯のメンバーもかなりの好メンバー。マイルレコードを出せるほどの実力があるので、実力が出る東京コースではテンションさえセーブできれば好走するだろう。

○バスラットレオン

新馬戦から期待され、年明けに開花した。前走のNTZは中山コースにしては早いタイムを出し、後続を寄せ付けず圧勝。シンザン記念でも3着と今が一番良い時。本来この馬が1番人気になるかと思ったが、最近はレース数を少なくしている馬が人気のため、たくさん走っているこの馬は嫌われているのか。内枠なのでうまく立ち回れば押し切る可能性もある。

▲ピクシーナイト

僕のPOG馬。それだけでいい。前走は重馬場が合わなかったが、良馬場のシンザン記念が本来の走り。NHKマイルは8枠の相性もいい。シンザン記念で勝ったメンバーも良いので、ここはチャンス。モーリス産駒の代表となってほしい。

☆ホウオウアマゾン

元々評価も高く、朝日杯後にけがをしたが復活しここに来た。そして名馬を出す野路菊S勝ち馬である。ここは1着まであり得る。アーリントンCは完璧だった。今回に余力があれば。

穴ルークズネスト

穴ではないけど枠が無いのでここに来た。マイルでの成績もよく、前走グレナディアガーズとちゃんと戦えた唯一の馬である。しかもモントライゼを倒している。ピクシーナイトにも匹敵している。抑えなければ後悔する。

穴アナザーリリック

まずは成績が優秀。連帯を外していない。唯一連帯を外した菜の花賞も勝ち馬のスライリーがフローラS2着。アネモネSは完全に1頭力が違った。内で足を溜めて隙をついて抜け出せば勝機アリ。

穴ヴェイネビュラ

スプリングSはタフな馬場だったし、距離も長い。マイルで好走で来ているがタイムも遅い。しかし、鞍上が戸崎である。これだけで70倍の馬なら抑えずにはいられない。

 

今回のNHKマイル。資金が900円しかない。よって、今まで本来の買い方で勝負する。3連複1頭軸2列目2頭3列目候補そう流しである。

 

【京都新聞杯】推しウマ

2021.5.5京都新聞杯 推しウマ

【出走メンバーとはたけコメント】

1.ワイドエンペラー 苦しい展開でも根性ある+前目の方が得意

2.ヴェローチェオロ 芝レースで掲示板外さない

3.サイモンメガライズ 強い相手では負ける

4.ルペルカーリア シーザリオ+毎日杯4着の実力

5.ブレークアップ 前目で強い競馬ができる

6.トーホウバロン 前走でOP以上が厳しいことがわかる

7.エスコバル すみれSでもいいところなし

8.マカオンドール 京都2歳3着が優秀+前走も人気通りの成績

9.ゲヴィナー 重馬場初出走で勝利が未知数+タイムが遅い

10.レッドジェネシス 牝馬がいない+レーブルミノルに4馬身差の圧勝

11.ハートオブシティ 共同通信杯組としてはレベルが低い

 【京都新聞杯

実はこのレースにはあまり印象がない。キズナが勝ったレース、ロジャーバローズが勝ったレーストいう印象である。ダービーまで期間が短いことからこのレースの勝ちっぷりがダービーへの印象を決定づける。

【はたけの推しウマ】

◎レッドジェンシス

まず超女好きのこの馬は牝馬がいないレースではとにかく強いのである。今回は全部牡馬なのでコンディションは最高である。それだけで◎

マカオンドール

まず人気通り走れるという点が優等生である。人気をした前走も沈んだバジオウをさしおいて伸びきった。このレースもロジャーバローズ的には前目も有利なので押し切れる可能性あり。

▲ヴェローチェオロ

成績が優等生。小数頭のレースのみ出ている印象だが、人気通りかつ真ん中より上の成績を残している。ここも掲示板には来ると予想。さらに現在5番人気なのでオッズ的にも美味しい気がする。

⭐︎ワイドエンペラー

前走はスタートに失敗し中段から泥を被りながらも超絶末脚で3着まではきた。しかし未勝利戦の勝ち方的には前でも余裕で走れる。今回も前目に来てくれることを期待する。

穴  ブレークアップ

前目で強い走りができることをぜんそうで証明してみせた。今回7番人気というまさに穴馬である。ルペルカーリアも前目で走れるが、超レコードのレースでペースを作ったダメージは計り知れないと予想しあえて外してこの馬を最終評価馬とした。

 

今回、馬券はレッドジェネシスマカオンドールの2頭軸で行く。

しかしチャントルペルカーリアも抑えておく。なにせ競馬口座に500円しかお金がなくなったからである。香港の際に多がけ大負けしたせいだ。(6000円ぐらい負けた)

今回でNHKマイルに挑むための1000円ぐらい確保したい。

 

的中も80円勝ち【青葉賞】推しウマ

青葉賞の日は予想をブログにできてませんでした!

POG馬のキングストンボーイと、めっちゃめちゃ注目のワンダフルタウン、そしてレッドヴェロシティとアオイショー、リーブルミノルの馬連BOXでして、的中し80円勝ちました!

 

POG馬のキングストンボーイはダービー回避。藤沢らしい選択ですな。

今週は京都新聞杯NHKマイル!

京都新聞杯には友人のPOGしか出ませんが、NHKマイルでは超本命ピクシーナイトが出ます!今からすでに◎です!ではまた!

 

 

不的中😭【フローラS】推しウマ

2021.4.25フローラS推しウマ

【出走メンバーとはたけコメント】

青:良い 赤:悪い

1.ウインアグライア ダメダメコメントからの新馬戦快勝OP2勝のウインの星

2.グローリアスサルム フリージア賞とフラワーCでは確実に末脚使えているが上位には及ばず+フリージア賞ではかなり評価

3.ユーバーレーベン 重賞で馬券内3回フラワーC組では一番内容が良い

4.レッジャードロ 藤田菜だからこその人気善臣さんでは。。。

5.スノークォーツ とにかくレースタイムが遅すぎて分からない

6.ルース フラワーC組では一番弱そう

7.メイサウザンアワー アカイトリノムスメの2着その2着もきっちり2番人気アカイトリノムスメとは大きな差

8.オヌール 2戦2勝前走は1000m1:04という驚異的スロー初の多頭数

9.パープルレディー ゆりかもめ賞で牡馬蹴散らした母メリッサが好き

10.ララサンスフル 前走はドスローを前目につけれただけ

11.スノーハレーション 前走は直線切れはしなかったが落ち着いたレース騎手のレベルが下がるのが痛い

12.スライリー 菜の花賞のメンバーが結構とんでもないレベルそれ以外では厳しい

13.ジェニーアムレット ディープ産駒+スタミナで悠々推し切ることもできる

14.オメガロマンス 前走は泥をかぶりすぎている+レベルが高いレースではなかった

15.クールキャット フラワーCで一番の上がりフェアリーCでの負けがどうしてだろうというぐらい戦ってきた相手は良い。

16.アンフィニードル 厳しい流れを落ち着いた勝ちっぷり+騎手がうーん

17.エトワールマタン 夏に大破れしたが、冬に盛り返した+17番人気なぜ

フローラS

フローラSからオークス上位勢が数多く出ています。昨年はウインマリリン。モズカッチャンやチェッキーノなど後に超絶な力を発揮している馬が通った道という印象です。もともと重賞で活躍しているというより、オークスを意識して戦ってきた馬が良い成績を残しています。重賞戦線以外の馬でも前走が優秀だった馬などが候補になりそうです。

【はたけの推しウマ】

◎オヌール

ディープ産駒の期待の馬。しかし前走は圧倒的なスローペースと2戦とも小数でのレースのため、初の多頭数になってどこまでやれるか不安は少しあります。ただ、前走はヨーイドンのレースをみごと勝ち切りましたし、実力派あります。デビューから眺めの距離を意識してきましたので、ここはオークスへの切符を取りに来ると思います。

○ウインアグライア

この馬はデビュー戦で調教師とジョッキーに「調教もダメだったので今後どうなるか。。」と言われながらこの年大注目のブエナベントゥーラを倒し、OPを2勝してしまった超絶な馬です。賞金は足りていましたが桜花賞ではなくオークス路線で勝負に来ました。牡馬も倒しているこの馬がここで本領を発揮。オヌールが後ろからになるのであれば、ウインアグライアは前で勝負を仕掛けるでしょう。

▲ユーバーレーベン

新馬戦から応援し、阪神JFでも強気の穴馬に推すことができたこの馬。勝ち切ることができていませんが、重賞戦線でも常に上位に来ています。メンバー的にもここは力上位とみることができます。1800mでも十分戦えているので勝機はありますが、重賞未出場の馬が強いフローラSなので評価は三番手です。

☆ジェニーアムレット

ダークホースであるスノークォーツに新馬戦では負けていますが、2走目にきっちり勝ち切ったディープ産駒。初戦はあまりにもタイムが遅いので評価がしにくいですし、2走目もそんなに良くはないと思いますが、同じような内容のパープルレディーが3番人気となっている点を考え、こちらの馬の方が妙味があるなと考え☆評価です。

穴エトワールマタン

最低人気ですが、前走のフラワーC6着もありますし、新馬戦が7月でその後12月まで休み、3着、1着、重賞6着ならばいい冬を過ごした証拠です。ここであまりにも評価が低いので穴として入れます。複勝でもいいですね。

穴クールキャット

4番人気のルメールほど怖いものはない。フラワーCでは上がり最速。3着のユーバーレーベンとはほぼ差が無いので、それぐらいの評価をしてもよさそう。

 

 

馬連が本命馬券です。そして同じような評価のパープルレディーとスノークォーツも三連複には入れました。こっちがあたるんだろ。。。(笑)

 

【結果発表】

1着穴クールキャット

2着無印スライリー

3着▲ユーバーレーベン

5着○ウインアグライア

8着◎オヌール

10着穴エトワールマタン

16着⭐︎ジェニーアムレット

 

2着に14番人気スライリーがきました!この馬2走前にアネモネS勝ち馬とチューリップ賞3着のストゥーティに勝っている馬だったので、この馬を穴馬に入れれなかったことが悔しいです!◎オヌールは多頭数のハイペースについていけませんでした。赤字なのに◎は良くなかったですね。穴クールキャットは流石のルメール!本番ではアカイトリノムスメに乗ってくれますので本番でもよろしくお願いします🤲

 

馬券は不的中です。

 

これで5レース連続の不的中。悔しいですが、推しを作っているので仕方ないです。

来週の青葉賞POGキングストンボーイが出ますので、キングストンボーイを中心に考えます!

不的中😭【皐月賞】推しウマ

2021.4.16皐月賞推しウマ

【出走メンバーとはたけコメント】

青:良い  赤:悪い

1.アドマイヤハダル 裏切りのルメール若葉S圧勝ディープモンスターも倒している

2.ルーパステソーロ 記念出走

3.ステラヴェローチェ 雨でこそのバゴ産駒共同通信杯での実力不足感

4.イルーシヴパンサー 相手なりに走れる+超絶穴候補ではある

5.ヴィクティファルス 伝説の共同通信杯2着スプリングSの鬼脚

6.ヨーホーレイク POG指名馬勝ちきれないキレキレの末脚ディーマジェスティのような勝ち方に期待できる脚

7.エフフォーリア 伝説の共同通信杯圧勝関東リーディング横山武史+強い馬は超強いエピファネイア産駒

8.ダノンザキッド 伝説の新馬戦勝ち馬弥生賞で試験運転実施済み覚醒中の川田

9.ラーゴム 成績優秀長くいい足を使える上りもまずまず+ヨーホーレイク並みの強さ

10.シュヴァリエローズ 活躍馬が少ない新潟2歳出身若葉S2着だが差があるホープフル上位勢には及ばない?

11.ディープモンスター 新馬戦で取り消し皐月賞と相性の悪いすみれSタイトルホルダーを蹴った戸崎圭太

12.ワールドリバイバル コメントなし

13.タイトルホルダー 弥生賞でダノンザキッドに下克上最後まで伸びきれる脚+ジェネラーレウーノ田辺

14.アサマノイタズラ ヴィクティファルスに食らいつく根性根性とスピードを備えている

15.グラティアス 京成杯内を伸びて快勝松山を予定で来ていた実力馬不調のデムーロ

16.レッドベルオーブ 1600mしか走った頃がない朝日杯からの直行はサリオス並みの実力が必要

皐月賞

牡馬最初のクラシックレース。初めて見たのが最強世代2016年の皐月賞。圧倒的なカッコよさと強さのサトノダイヤモンドを推しに推していたら大外からディーマジェスティ―が飛んできたとんでもないレースでした。その一年前にも共同通信杯勝ち馬のドゥラメンテが制しました。その後アルアインエポカドーロ、サートゥルナーリア、コントレイルと、後々名馬的な活躍をする馬が勝ち馬に来ております。共同通信杯勝ち馬としてはスワーヴリチャードがおり、弥生賞スプリングSなどステップレースの馬も活躍している印象です。とにかくG3~G1戦線で活躍できる馬じゃないと勝つことはできない、荒れているようで1着は堅実なレースです。

 

【はたけの推しウマ】

◎エフフォーリア

伝説の2021共同通信杯。エフフォーリアに負けた2着馬ヴィクティファルス、3着馬シャフリヤールがスプリングS毎日杯を超強い勝ち方で勝利。4着のキングストンボーイ、5着のステラヴェローチェも実力馬で、とんでもないレースを悠々勝ちしました。4着のキングストンボーイに首差2着で負けた馬が先週の忘れな草賞勝ち馬のステラリアです。ステラヴェローチェは朝日杯2着。1着だったグレナディアガーズはファルコンステークスアタマ差2着。それぞれ比較をしたときに申し分ないと思います。好位での競馬も得意で、あのヴィクティファルスよりも上りが早いというとんでもない馬です。

 

○ヨーホーレイク

POG指名場ヨーホーレイク。POGを楽しんでいる私としてはPOG指名馬を推さねば!とどうしても思ってしまいます。ヨーホーレイクはすべてのレースで上がり最速を記録しており、前走きさらぎ賞は大外分回してラーゴムをとらえきれず。ホープフルSはスタートが決まらず。しかし2着オーソクレースとは展開差の3着といった感じで、今回人気が一気に下がるのであれば、ねらい目。また、騎手が岩田望来にかわり、おそらく調教師の指示に従ったレースをすると思います。一発逆転で足をためるより、好位につけてレースという指示に変わることを信じます。先週のPOG馬アカイトリノムスメに続き金子×ディープ産駒のこの馬にロマンを乗せます。

 

▲ヴィクティファルス

伝説の共同通信杯2着のヴィクティファルスは前走スプリングSでは圧巻の差し脚スプリングSは差しが決まりやすくぐりぐり本命◎で的中することができた気持ちのいいレースでした。中山競馬場でぐっと伸びきることができる足を確認できましたので差し切れず終わるということもないと思います。スプリングSはメンバー構成的にも余裕があってよかったですが、今回は内枠で好位につけて差し脚を決めてほしいです。

 

☆アサマノイタズラ

ヴィクティファルスにアタマ差の2着となったスプリングS。しかしこの馬未勝利1着のレースではなんと4馬身差をつけた圧勝劇。4着となった水仙賞はジョッキーも認めるように騎乗ミスでした。そして完璧に乗った前走のスプリングSでは完全にぶち抜けると思われたヴィクティファルスに最後食らいつく根性を見せました。今回、同じように長くいい足を使うタイプにラーゴムがいますが、戦った相手がヴィクティファルスということもあり、伝説の共同通信杯を基準にアサマノイタズラの評価を上げました。

 

穴タイトルホルダー

前走の弥生賞では、ダノンザキッドへのリベンジを果たしました。ブログの弥生賞の予想では☆評価としてダノンザキッドには敵わないという評価を下しましたが、スローペースを演出し見事逃げ切りを決めました。東スポ2歳Sとホープフルステークスでは完全にダノンザキッドに負けてしまいましたが、成長力を見せたと思います。ダノンザキッドが前哨戦で後ろからの競馬を試したために負けたと考えるのが普通ですが、私は「推す」をテーマにしています。ダノンザキッドに下克上をしたタイトルホルダーが本番の舞台で弥生賞がまぐれではなかったことを証明してくれると期待します。

 

穴ラーゴム

ヨーホーレイクに先着したラーゴム。アイビーSではオーソクレースに首差2着、京都2歳ではワンダフルタウンにかわされ2着でしたが、きさらぎ賞では長くいい足を使い1着となりました。実力は常に上位で、唯一完璧に負けたワンダフルタウンは今年のダービー有力馬です。さらにヨーホーレイクに勝利している点でかなり評価できるにも関わらず現在10番人気とかなり過小評価をされていると思います。先行することができ、上りも3位以内をキープ。皐月賞こそこの馬の一番いい条件ではないかと予想します。

 

抑えなければ後悔しそう枠 ダノンザキッド

今年の伝説の新馬戦を選べと言われれば、あのワンダフルタウンをはじめ、POGで人気をしたパタゴニアアレクサンドロス、そして重賞戦線でも掲示板に食い込むテンバガーを圧倒的強さでねじ伏せたダノンザキッドのあの新馬戦です。新馬戦で0.5秒差をつけたワンダフルタウンは次走未勝利戦を8馬身差の圧勝数々の名馬を輩出した東スポ杯2歳Sでは前につけて勝利。その2着は弥生賞勝ち馬のタイトルホルダー。ホープフルステークスも好位につけて完璧なレース。弥生賞は後ろからの競馬を試し切れきれず3着。しかしそういった競馬を試したことがこの馬の強みです。皐月賞は前目につけてぐぐぐーーと伸びきります。ただし!昨年ほぼ同じローテーションを組んだコントレイルと比べると、東スポ杯の勝ち方はやはり物足りません。昨年はその瞬間はかなり強く大評価されていたアルジャンナを子ども扱いしたコントレイル。果たしてダノンザキッドがそこまでのレースをしたかといえばしていません。よって、この強さでも本命にはできませんでした。しかし押さえないのはこの1年の2歳、3歳戦を見てきたものとしてだめだと思い、加えます。

 



【結果発表】

1着◎エフフォーリア

2着穴タイトルホルダー

3着無印ステラヴェローチェ

4着無印アドマイヤハダル

5着○ヨーホーレイク

9着▲ヴィクティファルス

13着穴ラーゴム

15着抑えなきゃ枠ダノンザキッド

16着⭐︎アサマノイタズラ

 

エフフォーリア優勝!超強かったですね!直線入る時に一瞬できたスペースを見事捉え切りました!横山武史騎手もおめでとう!インタビューはつらつとしてて良かったー!

馬券的な話ではエフフォーリアとタイトルホルダーをきちんと抑えれていたので、これまた馬券の買い方が悪かったです。馬連で良かったですね。

POG的な話では

1着友人T

2着友人M

3着友人T

5着私

6着友人M

7着友人T

と、上場の成果となりました!誰も馬券は当たってないけど、こんなにも楽しいレースになりました!

来週のフローラCでまた予想しましょう!

 

 

不的中😭【アーリントンC】推しウマ

2021.4.17アーリントンC推しウマ

【出走メンバーとはたけコメント】

1.トーホウディアス Fウォーク賞勝ち馬が重賞でボコボコにやられる

2.アドマイヤザーゲ 黄菊賞のレースができればチャンスあり+バルドルブレインよりこっちを取る池添

3.ノースザワールド 未勝利番長

4.バルドルブレイン 前走根性あり

5.バクシン ダートの王道を進む+リエノテソーロなどダートからマイルで活躍する馬もいる。

6.タイフォン 人気なりの競馬

7.サイモンメガライズ 長い距離からマイルにして開花+ジュリオに完敗

8.ピクシーナイト シンザン記念で華麗な逃げ切り+POG指名馬

9.ホウオウアマゾン 名馬が歩む野路菊S勝ち馬+レッドヴェルオーブに食らいつく

10.リッケンバッカー 仕掛けが遅く負けることが多かった+人気は常に上位

11.ジュリオ リオンディーズ期待の産駒+リッケンバッカーよりこちらを取るルメール

12.レイモンドバローズ 松山継続騎乗のたまもの+逃げていい足

13.サトノラムセス サイモンメガライズと同等の力+人気は常に上位

14.ワールドバローズ ウォウリュウレーヴやグレイイングリーン並みの実力あり

15.ショウリュウレーヴ リョウリュウイクゾの兄弟+スピードあるミッキーアイル産駒

16.ジャスティンカフェ 新馬戦不良馬場でキレキレ+前走オヌールに食らいつきあがり最速

17.サンデージャック POG指名馬+エタリオウの弟+ようやく覚醒したこの年のアドマイヤマーズ

18.グレイイングリーン ディープ産駒+新馬戦で負かした馬が強い  

【アーリントンC】

NHKマイルの前哨戦となった今シーズン。今まではアーリントンカップから皐月賞へ行く馬も多かった。アーリントンカップ勝ち馬で私の超好きなレインボーラインがいる。また、10万馬券を手に入れたペルシアンナイトもこのレース出身。 

【はたけの推しウマ】

◎ピクシーナイト

POG指名馬。モーリス産駒の中でもスピードがあり、切れ味勝負はできないが先行して強い競馬ができる。シンザン記念で実力を証明済み。

○ジュリオ

リオンディーズ産駒の中で最も注目されていたジュリオ。ルメールを確保しここに照準を合わせてきた。

▲ホウオウアマゾン

2歳のレースが王道中の王道を歩んでいる。3歳初戦となるが実力上位なことには変わりない。

⭐︎ショウリュウレーヴ

ショウリュウイクゾ系列だと思う。ミッキーアイル産駒がマイルまでのレースで結果を残している印象。好メンバーを退けているため期待が持てる

穴  アドマイヤザーゲ

池添騎手がバルドルブレインよりこちらを取った。前走よりも2走目の黄菊賞の内容が良い。

穴 リッケンバッカー

常に上位人気となっており、展開が向いておらず勝ちきれなかった様子。前走はルメールの好騎乗もあり長くいい足を使えることを証明した。その騎乗ができれば穴をあけられる。

穴 グレイイングリーン

やはりディープ産駒というだけで推せる。阪神のマイル戦はディープの庭だと思っています。なのでただディープ産駒ということだけで推したくなります。成績もよいですし、3連続1番人気も評価ポイント。

穴 サンデージャック

POG指名馬。エタリオウの弟でデビュー前は「アドマイヤマーズみたい」と調教師に言われ、なんてビッグマウスなんだといわれてしまいましたが、とうとう未勝利を脱出してきました。アドマイヤマーズになっているならこのオッズはおいしすぎます。

皐月賞で予想する頭を使いつくしたので1頭軸で流します。ピクシーナイトの人気もダントツ1番人気ではないので妙味もありそうです。

 

【結果発表】

1着▲ホウオウアマゾン

2着穴リッケンバッカー

3着無印レイモンドバローズ

4着◎ピクシーナイト

8着⭐︎ショウリュウレーヴ

9着穴アドマイヤザーゲ

11着○ジュリオ

17着穴グレイイングリーン

18着穴サンデージャック

 

ピクシーナイトは4着でした。逃げていいペースでしたが、最後は捕まってしまいましたね。ホウオウアマゾンは休み明けでも最高のレース。穴で押さえれていたリッケンバッカーが2着に来たので馬券の買い方がもったいなかったかも知れません。ここでホウオウアマゾンとレッドベルオーブの強さが改めて証明されました。サンデージャックは終わりを告げたようです。😭

 

馬券は不的中でした。

不的中😭【忘れな草賞】はたけの推しウマ

2021.4.11忘れな草賞推しウマ

【出走メンバーとはたけコメント】

1.ダガノディアーナ チューリップ賞は仕掛けタイミングが遅くハナ差4着+足はキレキレ

2.ファジェスタ 2000mで勝ち+強い馬には及ばない

3.マジカルステージ 母オツウ+騎手ルメール

4.シャンブル 2000m勝利+父ハーツはスタミナあり

5.ステラリア 6月から評価されている馬+キングストンボーイに首差2着+勝ち経験は1800m

6.シュレンヌ 初レースで勝利+超出遅れからのバチバチの切れ味

7.フラリオナ コメントなし

8.エイシンヒテン 先行して強い+前走は負けすぎ+マイルより上は初めて

9.ビッグリボン キセキの馬主石川さん+不良馬場にしても前走負けすぎ

10.テーオーラフィット ダート勝ち馬だが力ある+前走芝に戻り2着

11.アサケレディ ダートで何とか勝ち上がり

忘れな草賞

オークスへの優先出走権はないものの、1着馬は賞金的にほぼオークスに出られるというレース。桜花賞の間に行われるという盛り上げ隊長の役を果たしています。ただ、ここに出る馬は桜花賞に出たかった馬がほとんど。このレースにすべてをぶつけてほしいです。ラブズオンリーユーやウインマイティ―、ミッキークイーンなどもこのレースを使っています。

【はたけの推しウマ】

◎シュレンヌ

ラブズオンリーユーなどのG1馬レベルの可能性を持っているのはこの馬のみ。その他の馬は力負けしていることが証明されている。ここで1戦1勝超絶切れ味のシュレンヌが勝つことでオークスがまた盛り上がる。

○タガノディアーナ

チューリップ賞はハナ差。しかも切れ味よく飛んできてのハナ差。本来桜花賞に出走していてもおかしくない。能力はある。

▲ステラリア

6月からPOGでも注目されており、騎乗ミスが多いように感じた。馬自身の力はあるが勝ち切れないような状況とみている。クイーンCが負けすぎているので、実力がそのレベルということであれば上位2頭とはレベルが下がる。

⭐︎テーオーラフィット

ダートで勝利した後、1勝クラスを2着。タイムは良好なので実力があることは分かる。新馬戦も3着で、馬券内を外していないことから、過小評価がされすぎているように感じる。

 穴  エイシンヒテン

前走があまりにも負けすぎている。前走は先行策を取らず負けているため、このメンバーなら楽々選考ができるだろう。自由な走りで好位を進んで欲しい。

 

 

馬券的には☆テーオーラフィットが良い。成績は良いのに人気がまるでない。◎シュレンヌはオークスの本命までのし上がってほしい。

 

【結果発表】

1着▲ステラリア

2着穴エイシンヒテン

3着無印ビッグリボン

6着○タガノディアーナ

7着◎シュレンヌ

9着⭐︎テーオーラフィット

 

馬券は不的中でした。

エイシンヒテンはこの高速馬場をうまく逃げました。そしてステラリアはそれを捉え切ったのですごく強い勝ち方と思います。桜花賞も高速レコード勝ちとなり、オークスがどうなるかとても楽しみですね。ライバルが多すぎるためステラリアがどこまで立ち向かえるか。楽しみなレースになります。